【スマイルゼミ】習慣化して継続するコツとやらないときの対処法

我が家の上の子たちは全員スマイルゼミを3~5年継続してきました。

初めの頃は、やり忘れることもあったり、嫌がることもあり継続できるか不安な時期もありました。

しかし声掛けの仕方や学習頻度を変えてみるなど少しの工夫で長く継続することができました。

スマイルゼミに入会したもののやり忘れたり、子どもも親もストレスを感じながらやるのではせっかくお金を出しているのにもったいないですよね。

すぐに辞めてはタブレット代がもったいない!ということもありますし。。。

そこで今回は継続するためのコツや子どもがなかなかやらない時の対処法についてお伝えしていきたいと思います。

学習を継続することが大事

音声や動画でも理解できるタブレット学習は我が子にとても向いている学習だと感じています。

初めのうちは、習い事がある日はやらなかったりしていました。

月・水・金・日にやるなど曜日を決めてやっていた時期もあります。

ですが、それだと親も声掛けをし忘れるし、子どももやり忘れるということが頻繁にありました。

やらない日が続くとやる時にしかたなくやるということになって効果も半減してしまいます。

そこで、習い事がある日でも短い時間でも毎日必ずやる!と決めてしまえば、こちらも言い忘れることが少なくなってきました。

もちろん体調がよくない時や宿題が多いときなどは例外です。

どの学習にも言えることだと思いますが、毎日コツコツ続けてこそ力が付くと思うので、継続するための工夫をしてきました。

無理なく毎日継続して学習を習慣化できるようにするためには、子供がよっぽどお勉強が好きで自ら進んでやるようなお子さん以外は、親がうまく声掛けしていくことがとても大事だと感じています。

うちは大家族ですが全員お勉強が大嫌いです(笑)

そんな勉強が大嫌いな子供たちが3~5年間も継続してスマイルゼミを毎日続けてこれたのは、やはり毎日の声掛けとご褒美がとても大きかったと思います。

なぜなら、私が声掛けし忘れる日は子供もほぼやり忘れているので…

声掛けのコツ

いくらアバターの衣装が欲しいからといっても、自ら進んでスマイルゼミをやる!なんてことは我が子の場合ないので

「宿題とスマイルゼミをやったら好きな事をしていいよー!」

と伝えていました。

習慣化するコツは毎日の声掛けとその後のご褒美時間のセットです。

「宿題とスマイルゼミやりなー!」

その後のご褒美を一緒に言われるとやる気スイッチが入るようで、グズグズしてなかなかやらないということが減りました。

アレクサに頼る

親が言い忘れることもあると思うので、アレクサのリマインダー機能を使って、アレクサに言ってもらうというのもお勧めです。

意外と親が言うよりもアレクサに言われた方がすんなり聞き入れてくれることがあります。

しばらくして、慣れてくるとアレクサの言うことも聞かずに効果ながくなってくるので、時々アレクサを取り入れてみるというのがお勧めの方法です。

声掛けのタイミングとルーティン

我が家の平日の主なルーティンは、

学校から帰ったら自由時間→5時を過ぎたらまず宿題→スマイルゼミ→好きな事をできる(ゲームやお絵描き・マンガを読んだりアニメを見たり)間に食事やお風呂が入ります。

というルーティンで毎日やるようにしています。

もちろん、テレビゲームやアニメばかり長時間見てしまっている時は、別の遊びを提案したりもしてます。

土日のルーティンは、

朝起きたらスマイルゼミ→YouTubeやゲーム等好きな事→8時か9時に朝食

夕方のスマイルゼミや宿題→お風呂・夕食・自由時間

※余談ですが、我が家は土日のみYouTubeを見てもよいにしています。(ダンス動画やイラスト動画・英語のコンテンツは平日もOK)なので土日の子供たちはとても早起きです( ´∀` )

毎日声掛けをしていると、言わなくても勝手にやる子もいます。

が、いくら毎日言っても言われるまでやらない子もいます。

その辺は生まれ持った性格なのでどうしようもないですね。

なので、スマイルゼミや宿題をやる時間には、お勉強とご褒美時間のセットを基本に、子どもそれぞれに合った声掛けを心がけています。

もちろん、どうしても気分が乗らない日、疲れている日、宿題が多い日、忙しい日など臨機応変にお休みにして無理やりやらせるということはしないようにしています。

年齢を重ねるごとに習い事や部活の時間が遅くなってきて時間がずれ込むことも多々ありますが、その頃には学習習慣が身についていたので時間がずれ込んでも毎日継続できています。

PR

毎日スマイルゼミを継続した効果は?

我が家が住んでいる地域はとても教育意識の高い家庭が多いので、公立中学校のレベルがものすごく高く内申点をとるのが大変です。

そのため、高校受験で苦労させないために中学受験する子がとても多いというちょっと特殊な地域に住んでいます。

中学受験する、しないに関わらず低学年のうちから塾に通っている子が多いので、嫌でも自宅学習をしっかりしないと学校で落ちこぼれになってしまうという環境です。

ただでさえ、ディスレクシア疑いというハンデがある子がそんな環境におかれているので、子供にとってはかなり過酷な地域に住んでいるなと感じています。

大家族で教育費がとてもかかるので地元の中学校に進学して、中学入学後もなるべく塾に頼らず高校受験は自分の力で乗り越えてもらいたいと考えています。

そのためには、小学生のうちからしっかりと自宅学習の習慣をつけなければいけないと思いほぼ毎日続けてきました。

現在、上の子は中学生になりレベルの高い公立中学校でもなんとか内申点では平均の評価をもらうことができ、学力が平均レベルの高校の学校推薦が取れそうなくらいの成績を維持しています。

これは小学生の頃からスマイルゼミを継続して学習の習慣化が身についたおかげだと思っています。

スマイルゼミに限らず、宿題以外にも何か毎日継続できる学習を見つけてあげて、継続する手助けをしてあげるといいと思います。

PR

英語プレミアムに入会を考えている方にお勧めの記事👉【スマイルゼミ】英語プレミアムの内容やSTEPを使用した感想をレビュー(中学英語に向けて)

スマイルゼミを辞めるか悩んでいる方にお勧めの記事👉【スマイルゼミ】5年間継続した感想とやめた理由やその後の学習と成績

NO IMAGE